2013/1/14 しょうがないよ、楽しすぎたんだから

 そろそろ『Playback』を見直そうと、考えている。

 

 三宅から「久々に観た方がいいよ。いろいろ変わって見えるよ」と言われたのもあるし、考えてみれば、8月にロカルノの大会場で観て以来(いや、あのときだってお客さんの帰る足音ばかりに耳がいって集中できなかった!)、見直さないまま2012年を終えてしまったのである。編集中からさんざん観てきたし、もういいでしょ!って言葉も頭のなかで聴こえるけど、いやいや、いまもういっかい観たいんだ、『Playback』。そんな気持ちが起こるのも、はて、あと数回で東京上映が終わるからかしら?たしかにちょっと感傷的には、なるです……。

 とはいえ、12日からは名古屋シネマテークさんでの上映も始まったのだ。何を隠そう、ぼくは愛知県岡崎市出身なのです(名古屋から電車で30分ぐらいです)。ほんとのことを言うと、名古屋と岡崎は文化が違って、距離以上に遠さがあったりして、名古屋のことはそんなに詳しくなくって、年末の「Playback男だらけの関西〜名古屋プレツアー」でも、名古屋を案内できずにさんざん皆からバッシングを受けてしょんぼりしていたのだけど……。でもやっぱり、高校の時分にオシャレして、気合い入れて行った映画館で『Playback』が上映されるってのは、おかしな感じだけど、嬉しいのだった。

 年末年始は実家に帰って、数年ぶりに中学3年のときのクラスメイト十数人の集まりに行ってきた。毎年誘われながら、ちっとも行けてなかった集まりだ。ちょっぴり緊張しつつ、ここぞとばかりに前売り券持参で、勇んで臨んだ。「ひろし、いま何やっとる?」「うん、映画に関わっとってさ、今度やるんだわ、名古屋で」と言って、前売り券をごそごそ出した瞬間、もちろん皆からブーイングである。そりゃそうだ! 自らを恥じましたよ。前売り券売るために、久々の友人たちに会いに来たなんて! どこぞの宗教じゃないんだからね!結局その夜は2枚、金島という友人に買ってもらっただけだった。でも、その夜はそれ以上前売り券を売るには、あまりに楽しすぎた。そう、楽しすぎた。『Playback』関係者のみんな、そして劇場さま、どうか、どうかお許しください(代わりに親戚まわりが協力してくれましたから……)。

 
 名古屋近郊の皆さん、どうぞ『Playback』にふらりと足を運んでみてください!東京近郊の皆さん、上映もほんとのほんとにもうすぐ終わりますよ〜。ぜひ。
松井