2012/12/13 クレイジー・メイキング

 朝に大変弱いのだけど最近はなんとかがんばって早起きをしている。なんでもギリギリはアカンな、ということでゆっくりコーヒーを飲む時間を設けてみたらそれだけで一日が平和に過ごせる気がしてきている今日この頃。で、そのあいだはだいたいラジオを聴きながらツイッターを眺めてて、ツイッターはいまさらながらたまに拾いものがあってなかなか便利だなぁって感じ。いままであんまり見てなかったけど、良いのか悪いのかiPhoneにしてから結構眺めてしまう。なかでもこの2、3日の間に映画興行について目を見張る議論が少しあったのでついふむふむ、ナルホド。と見入ってしまった。主にインディーズの興行、全国のシネコンとミニシアターについてのものだった。

 

 で、今日は夕方から見逃していた『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』を早稲田松竹に見に行ったら城内さんとバッタリ出くわした。城内さんも見逃していたらしい。久々にワイズマンを堪能し、見終わってから早稲田松竹の受付の方に美味しいカレー屋さんを訊ねて脇のタイ料理屋ポーチャイさんへ。

 

 美味しかった。思いのほか二人では食べきれない量を頼んでしまいお腹いっぱい。

 

 食後のお茶(すごく美味しかった)をすすりながら城内さんが「明日はなにを話そうかなぁ」と漏らすので「なに話しても監督と名司会者がいるから大丈夫っす。」と答えておいた。

 

 城内さんの言う明日とは延長上映記念イベントのこと。

 明日は『Playback』上映後、この映画の故郷である水戸から平島悠三(水戸ロケーションコーディネーター/水戸短編映像祭ディレクター)、寺門義典(310+1シネマプロジェクト代表)の両氏をお呼びしてのトークなのだ。そこに監督とラインプロデューサーの城内さんが加わる。きっとこの映画の製作のプロセスから水戸の現在の映画環境など様々なことが語られるはず。

 

 加えて松井さんの撮ったメイキング(これマジで素晴らしい)上映に『やくたたず』の再映と明日は久々のイベント盛りだくさん。たぶんワイワイとなるはず。ちなみに明日はその後の『やくたたず』からご覧になりたいという方もトーク&メイキングからお入りいただけるので是非ご参加を。『やくたたず』は『Playback』前売りorチケット半券をお持ちの方は900円で見れます。あ、半券は1階のカフェ・テオさんに持っていくと100円引きでコーヒーも買えるので、トーク前にダッシュでいけばコーヒー片手に見れます(たぶん、きっと、そのはず)。別に高尚な話しをしようってことでもないのでコーヒーと、あとサンドイッチなんかを片手にどうぞ。映画鑑賞も映画について語ることもコーヒー1杯、サンドイッチひとつとさしてかわらず、ぐらいの感じで。

 

 

★★『Playback』延長上映記念イベント★★
水戸から始める『Playback』
──今回限りのメイキング上映に加え、『やくたたず』再映もあり!

 

『Playback』の撮影地であり、故郷ともいえる水戸から協力者のおふたりをお呼びして、街と映画がどのように関わったかなど、これまでとは別の側面から『Playback』についてトークを展開。また水戸への思い入れが詰まったメイキング映像も、今回限りの特別上映です!

 

タイムテーブル
12月14日(金)
13:00『Playback』
15:00 トークセッション+『Playback』メイキング上映(17分予定)
登壇者(敬称略):
三宅唱(監督)
城内政芳(ラインプロデューサー)
平島悠三(水戸ロケーションコーディネーター/水戸短編映像祭ディレクター)
寺門義典(310+1シネマプロジェクト代表)
《トーク終了後入れ替え》
16:00『やくたたず』

・『Playback』とトーク+メイキング上映は、『Playback』通常料金にてご鑑賞頂けます。
・トーク終了後、16:00『やくたたず』上映前に入れ替えを行いますが、『やくたたず』チケットご購入のお客様は15:00のトークよりご入場頂けます。
・『やくたたず』料金
一般=1300円/学生・シニア=1000円/高校生=800円/中学生以下=500円
*「Playback」半券/前売券お持ちのお客様は1300円のところ▶900円!

 

佛木