2012/12/06 俳優のお勉強

 『Playback』が大特集!『nobody』最新号読みました。
 初めて『nobody』を買ったのは2009年の秋、31号。巻頭がスコリモフスキなので、『アンナと過ごした4日間』公開時にイメージフォーラムで買ったと思います。それまでは、残念ながら地元兵庫では『nobody』は売られていなかったので、知りもしませんでした。
 その31号を読んで、めっちゃいい雑誌だ!と思い、それから毎号近く買っています。特に34号の村上淳さんのインタビュー「映画の声が聞こえはじめる」は、かなり印象に残っています。そう思うと、自分が関わった映画が最新号の特集なので、なんだか感慨深くなります。特別で大切な一冊になりました。
 『Playback』は、俳優の存在をめぐる思索を起点とした映画なので、最新号は「俳優」がサブテーマでもある気がするのですが、奇しくも始めて買った31号の特集も「俳優とは誰か?」でした。しかも渋川清彦さんのインタビューもあります。僕も俳優の端くれとして、「俳優とは何か?」という問いには常に対峙せざる負えません。
 
 その問いに対して少しのヒントを与えてくれる機会があります。
 塩田明彦監督の『映画表現論ー演技と演出』という主に映画俳優を志す人を対象とした講義が、今年の7月から月1回ぐらいのペースでアテネフランセで行われていました。残念ながら今日が最終回でした。
 最初に受けた第1回目の講義が強烈に面白過ぎて、全7回全て受講しました。
 これは絶対に全て受けなければいけないと思ったのです。
 『Playback』は俳優の顔を撮った映画でもありますので、第二回目の「顔」がテーマだった回は『Playback』とリンクして特に興味深かったです。
 
 俳優を志すにあたり、いろんな勉強方法はあって、例えば演技に関する本やレッスン、ワークショップなどがたくさんあります。
 が、そのほとんどは正解かどうかは分かりません。正解はないものとされていますし、そう思います。しかし、こと塩田さんの講義に関しては絶対的な正しさを感じるんです。映画俳優になるために必要な何かがうっすら身体全体に染み込んでいく、そんな感じがあるんです。
詳しい内容に関してはここでは控えさせていただきますが、最後に僕らにとって素敵な言葉を発していらっしゃいました。
 「多くの監督はまず、俳優を撮りたいわけではない。にも関わらず最後には俳優に頼ってしまう。」
 「俳優とは何か?」という問いとは、これからも末永く付き合っていくことになりそうです。
 話は変わって宣伝です。
 12月22、23日に東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻オープンシアター2012が開催されます。
 そこで、僕が主演をやらせていただいた『じじいの家でご飯を食べる』(監督鶴岡慧子)が上映されます。
他にも渋川清彦さん出演の『透明人間』(監督キム・ユンスや魅力的な作品がたくさん上映されますので、是非!ご来場ください!
宜しくお願いします!
 山科