2012/12/5 石油ストーブきたー!(※私の家に)

  12月も5日が過ぎまして、(昨日の佛木さんの文章をみてからこんな事書くのは大変気が引けますが、)我が家には先週から石油ストーブが登場しました。

 例年に比べ少し早いかなとも思うのですが、その威力たるや凄いもので、うちの狭い居間はあっという間に、半袖で居れるくらいあったかいです。

 一番喜んでいるのは、ストーブの前を陣取り無防備に眠る猫ですが‥‥

 

 有難い&嬉しい事に上映期間が延長した「Playback」。

 間もなく4週目に突入する近頃は、観ていただいた方の感想を色んな所で見聞きします。

 皆さん本当に真摯に映画と向き合っていて深く考え解釈されているのを聞くと、現場に居た私でも「そういう見方や考え方もあるんだ」「私が感じたあの気持ちはこういう事だったんだ」と新しい発見や勉強する事が多いです。

 

 ストーブの件で、お察しの方もいらっしゃると思いますが、私、Playbackチームの中でも数少ない(他に居ない‥‥?)東京産まれ東京育ちの実家暮らしでして、なので他のスタッフ達より、小中高‥‥古くは保育園からの幼馴染や、昔からお世話になっている近所のおじちゃんおばちゃん達がすぐ会える距離に沢山居ます。

 

 つまり日常的に映画、特に単館系と呼ばれる作品は観られない。という方も多く居て‥‥

 そんな人達にも観て欲しいと、お誘いしまくってまして、やはり最近ちらほらと「観たよ!」というメールを頂くようになりました。

 シネフィルと呼ばれる方や評論家の方とはまた一味違う、

 「俳優さんがカッコよかった」

 「私はあの3人だったらあの人がタイプだ」

 「白黒がカッコいい」

 「スケボーやりたくなった」

 なんてシンプルでまっすぐな言葉をもらいます。

 その中には、

 「難しかった」

 「わからない所があった」

 なんて言葉も‥‥

 確かに‥‥

 

 英国スパイが任務地の先々で美女と出会い、一緒に敵に狙われ危機一髪になるも、最後は絶対やっつけてくれる。とか、さえないおさげの女の子が学校一のモテ男と恋をはじめる‥‥とか、そんな情報をどんどん与えてくれるタイプの映画ではないのかもしれません。

 

 なぜ制服姿なのか‥‥

 ボンは何者なのか‥‥

 今はいつで何処に居るのか‥‥

 

 溢れてくる疑問が解決しないまま流れに身を任せ、ただそこに生きる登場人物達を受け入れ、眺めている。すると、突然場面は戻されて‥‥きっと戸惑いは大きい映画なのだなぁ、と思いました。

 

 えっとね‥‥

 何が言いたいか‥‥というと、

 もうクリスマスだし、年末だし、たまにはバイト先の気になるあの子や、普段韓流しか見ないようなお母さんを思い切って誘って一緒に映画を観て、好きなシーンやカット、疑問が残った所とか色々お喋りして欲しいのです。

 きっと思いもよらない視点からの意見が飛びたしたりして、その後お互いもう一回観てみたらまた違う所が見えて味わいが増して‥‥

 そうやって何回でも、長く楽しめる映画だと思います。

 なんてったって、リピーター割引もありますし!

 

 それで、自分の好きな映画を大事な人にもお気に入りにしてもらえたら、嬉しいですよね。

 影山