2012/12/3 とりかえしはつきません

 3年ぶりに部屋の模様替えをした。

 

 仕事は段取り事が多いので、私生活も段取りしまっくってると思われがちですが、基本的にノープランなもので「えーい、やってまえ」的に本棚をネットで注文。組み立てるのに6時間ほどかかりました。一応寸法などは確認してたけど、3年分のほこりにまみれ、しかもなんだかんだ残念な結果に終わった。うーん、微妙にはまってない。覆水盆に返らず。いろいろとりかえしつきません。

 

 とりかえしがつかないと言えば、去年の5月に本作の台本初稿を読んだとき、そのころ正直な話、あんまり台本おもしろいと思ってなくって、「要は、とりかえしつかないってことだよね」って軽い感じで監督に話したのを思い出した。

 

 でもどうでしょう。出来上がったものを観ると「要は、とりかえしがつかない」ってことが逆説的にすごくせまってきた。映画でしかできない感情の揺すぶり方だと思った。朝礼での校長先生の訓辞並に「今、この瞬間は二度と来ない」というあたりまえで退屈な言葉。でも、ホントのことなんだよなと思う。言葉にすると超どうでもよく聞こえちゃうけど。そんな毎日切羽詰って生きてるわけじゃないけど、「今」を強く意識する瞬間っていいと思います。

 

 ちなみに僕がこの映画でグッと来るのは後半のモンジなんです。当たり前っぷりが優しくて。

 

 おかげさまで上映期間が延長されました。でも上映回数減ってるし、またあっという間に終わっちゃいますよ!「今」観とかないと!って感じで煽ってみましたが、お時間都合つかれるときに「ふっ」と観に行ってもらえるとうれしいです。

 

 城内