2012/11/24 ツイッターもいいけど雑誌はもっといいよ

本日より3週目に突入。

 

11月10日からの1週目は、ずいぶん長く感じたのを覚えている。が、2週目は「あっ」という間だった。どこも、誰しもこういうものなのだろうか。初めての経験なのでわからない。じゃあ3週目はもっと「あっ」という間なのだろうか。「あっ」もなくて「っ」ぐらいなのだろうか。想像を絶する恐ろしさだ。

 

とはいえ本日は、三宅の前作であり処女長編『やくたたず』1週間限定上映の初日でもあった。告知が遅れてしまったが、期間中はゲストをお呼びしてトークもやるのだ。しかもゲストの皆さん、豪華です。あの映画監督、あの女優、あの写真家、あの俳優、あの社長と、まあ別に隠す必要もないが、ここで書くのもなんなので、告知をご覧ください。お客さんのみならず、僕らの方も楽しみで仕方がないのです。

 

ということで、きっとこの3週目が「あっ」という間なんてことは、ないだろう。いや、どうなんだろう、うーん。まあ……、考えても仕方ない。

 

と、もうひとつ。本日よりオーディトリウム渋谷にて先行で、雑誌「nobody」最新号が販売開始された。50ページに渡る『Playback』大特集なのだ。ついに出た! 実は僕もまだ全部読めていない。

 

ちなみに僕のオススメは、特集外だが、染谷将太さんの人気(?)連載ページ「SOMETIME」(「ソメタイム」と読む)。染谷さん本人が撮る写真と、インタヴューや対談で構成されたページです。今回は染谷さんがラッパー/DJのPUNPEE(PSG)さんと三宅を招いて、彼らの写真を撮って、対談もやっているのだ。僕が取材・構成をしているので、いわゆる手前味噌ってことにもなるが、いやあ、この三者の出会いは歴史的でした、ええ、たぶん。いつかみんなで一緒におもしろいことやれたら、最高だ。

松井