『やくたたず』に寄せて      加瀬 亮(俳優)

 三宅監督は、きっと、既にこんなにたくさん映画があふれている現代で (もう作らなくてもいいんじゃないか)、いま、なぜ、自分は、わざわざ、また映画をつくるのか?ということを、苦心して、誠実に、自分自身に問うたような気がします。

 

 変な例えなのですが、たとえば、「愛」とかいう言葉があるとします。

 

 時代を経ていく中で、もうずいぶんといろんなところで使い古されて、その「愛」のまわりには、たくさんの陳腐な意味づけもされたり、あげくには冗談にされたり

 

 現在では、ボクたちは、もう「愛」と聞いただけで、なんだか、とてもウソくさいものを連想してしまいます。

 

 でも、もし、もう一度「愛」という言葉を信じたいと思えば、本気で思ったとしたら。

 

 それには「愛」のまわりにくっついた、たくさんのものを、ひとつひとつ、ものすごい丁寧に、注意深く、慎重に、取り除いていかなければ、きっと、もう一度、本当のまんまの姿の「愛」 というものは、みえてこない。

 

 それだけ、「愛」のまわりには、余計なものがたくさん付着していて、本来、信じれるはずの姿がみえなくなってしまっている。

 

 そんな極端な例えをしてみたくなりました。

 

 なぜなら、三宅監督は、今まで作られてきたたくさんの映画のあとで、再び映画を作るという重荷を痛いほど感じつつ、かつそれでも、もういちど「新たな」出発としての映画を作るということを試みているように見えたからです。

 

 心打たれました。